【調査】プログラミング教育を推進する「GIGAスクール構想」とは?注目が集まる⼩中学校におけるプログラミング教育!

文部科学省が小学校でのプログラミング教育の必修化を決定し、2019年12月にはプログラミング教育を推進する「GIGAスクール構想」を発表しました。

IT化が進むこれからの社会を生きていくにあたり、プログラミングやコンピューターの知識は必要不可欠なものと言っても過言ではありません。

小中学校でプログラミング教育が始まり、プログラミング教育の存在が広く知られるようになった一方、その意図や社会的背景が保護者世代まで浸透していないことがくもん出版の調査で見えてきました。

「GIGAスクール構想」や「Society5.0」という単語を知っていますか?これらは小中学校のプログラミング教育に欠かせない用語です。この2つの単語について、「理解している」、「やや理解している」と回答した割合の合計が「GIGAスクール構想」では19.1% 、「Society 5.0」では 17.6%でした。

GIGAスクール構想
•1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現します
•これまでの我が国の教育実践と最先端のICTのベストミックスを図ることにより、教師・児童生徒の力を最大限に引き出します

(出典:文部科学省ーリーフレット「GIGAスクール構想の実現へ」

令和2年度の補正予算が成立したことによって、2021.3までにGIGAスクール構想推進の準備が整い2020.4からICTを活用した新しい学びが全国の小・中学校で始まります。

Society 5.0
サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、 経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会(Society)のことを指します。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。(出典:内閣府

子供たちはSNSやオンラインゲームを活用することによって、すでにSociety5.0の社会で生きています。

(出典:「小中学校におけるプログラミング教育」に関する調査

令和2年度から小学校でプログラミング教育が必修科されたことについては、79.5%が「知っている」、もしくは「なんとなく知っている」と回答しており、存在の認知は進んでいることが伺えます。

その一方で、学校教育におけるプログラミング教育がどのようなものだと思うか、についての質問では「パソコンを使って授業を行う(60.7%)」、「『プログラミング』という教科を学ぶ(39.8%)」など、誤ったイメージが上位を占めていました。

本来、小学校でのプログラミング教育とは、「コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができること」を体験しながら、自分の意図する活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要なのかを論理的に考えていく力を養う。」ことを目的としているそうです。

まだ始まったばかりのプログラミング教育は子ども向けの学問ではありません。これからどんどん社会的に需要が高まる「プログラミング教育」について、大人もしっかり学ぶ必要がありそうです。

参考:「小中学校におけるプログラミング教育」に関する調査