おうち時間をもっと楽しもう!初心者にもおすすめ 高画質・高音質を兼ね備えたAndroid TVプロジェクター「XGIMI Halo」

「おうち時間」という言葉もすっかり身近になり、自宅での新しい過ごし方が確立し始めているかと思います。
インプレス総合研究所の動画配信ビジネス調査報告書2020*によると自粛期間に増加した活動の1位は「無料の動画を見る(27.5%)」、2位は「テレビ番組を見る(26.3%)」でした。
おうち時間の増加をきっかけに、Amazonプライム・ビデオやNetflix、U-NEXTといった有料動画配信サービスの利用を開始した人も多いのではないでしょうか?
動画視聴需要が増える中、大画面での視聴を可能にするプロジェクターの需要も高まりつつあるそうです。

昨年7月、ホームプロジェクター世界第二位のシェアXGIMI社から、家庭でも使いやすい小型プロジェクター「XGIMI Halo」が発売されました。
Android TV搭載 で映画、テレビ、ゲームまで業界最大級の高画質映像(800ANSIルーメン*)を最大300インチで楽しめます。また、Bluetooth®による音声出入力デバイスやキーボードなどと接続できるほか、HDMIによる最大4K解像度の映像入力、USB 2.0の外部ストレージ接続、Chromecastによるミラーリングなど、外部機器との接続手段も豊富です。

*ANSIルーメン:プロジャクターの明るさの測定単位は「ルーメン」といいます。ANSIとは米国国家規格協会が定めたプロジェクターの規格で投影される明るさの平均数値ということです。

筐体サイズは6インチ級スマートフォンの高さ(140~150mm前後)より一回り大きい約113.5×171.5×145mmと、長辺(171.5mm)。大容量バッテリー(58.6Wh)搭載*なので、屋外での利用も可能です。
*)省エネモード時には映像を最大4時間投影できるほか、音楽は最大8時間再生可能

また、プロジェクターを使う際の課題としてよく挙げられる「フォーカスの調整」と「台形の補正」についても、「XGIMI Halo」は数秒で自動的に調整してくれるのでプロジェクター初心者でも安心して使えます。

映画やゲームを大画面で楽しめる家庭用プロジェクターで、去年とは一味違うおうち時間を楽しんでみませんか?

XGIMI Halo
*)出典: https://creatorzine.jp/news/detail/1200