堤真一×石田ゆり子初共演!愛する息子は殺人犯か、被害者か。それとも―― 雫井脩介渾身のサスペンス小説『望み』が豪華キャストの映画ビジュアルカバーにて順次出荷決定!!(動画あり)

◎本予告映像が解禁

ラストに明かされる、 愛する息子の真実に涙せずにはいられない、 感動のサスペンス・エンタテインメント。

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 映画「望み」の原作小説『望み』(角川文庫)を、 9月上旬頃より映画ビジュアルを使用した新たなカバーにて出荷いたします。

『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の雫井脩介が執筆時、 最も悩み苦しみ抜いたという、 著者渾身のサスペンス小説『望み』。 読者満足度は驚異の100%(ブクログ調べ)を記録し、 累計発行部数は20万部超のベストセラー小説が満を持して映画化!公開日は10月9日(金)に決定、 本予告映像等が解禁となった。

映画公開に先駆け、 角川文庫のWEBサイト・カドブン( https://kadobun.jp/ )では8月28日(金)から原作の試し読みも実施!さらに9月上旬頃からは、 原作の角川文庫も映画ビジュアルを使用した新カバーとなり登場する。

◎堤真一×石田ゆり子初共演! 若手実力派からベテラン個性派俳優まで、 幅広い豪華キャスト陣
監督を務めるのは、 映画のみならずドラマ・音楽・演劇様々な分野で幅広いジャンルを手掛けるエンターテイメントの旗手・堤幸彦。 主演を務めるのは、 これまで数々の映画賞を受賞し、 「決算!忠臣蔵」「土竜の唄」シリーズ等痛快なコメディ作品からクラシカルな文芸大作の舞台もこなす、 日本を代表する名優・堤真一。 家族のメンバーには、 石田ゆり子、 岡田健史、 清原果耶が集結。 そして、 加藤雅也、 市毛良枝、 松田翔太、 竜雷太が脇を固める。 豪華キャスト陣による、 刺激的でサスペンスフルな演技合戦に期待が高まる。

◎主題歌は森山直太朗「落日」
主題歌を手掛けるのは、 数々の名曲を紡いできたシンガーソングライター森山直太朗。 本作のために書き下ろした主題歌「落日」は、 主演・堤真一も大絶賛!!

●森山直太朗さんコメント
今回映画「望み」の主題歌を担当させていただきました。 「落日」という曲です。 物語の中にあるなんの変哲もない景色や堤監督が描く家族の心の機微を歌中に閉じ込めました。 四角い家の中で通い合う心、 いつものように響く「おかえり」の声、 散らかったリビング。 当たり前にあると疑わない親子の絆を改めて考えさせられました。

●堤真一さんコメント
どんなことがあろうとも続いていく家族の日常を優しく包んでくれるこの楽曲が、 映画にとっての救いになったことは間違いありません。 この家族が最後に見つけた「望み」を、 森山さんの歌声から感じとってもらえたらと思います。

◎原作『望み』(角川文庫)


著者:雫井脩介
定価:748円(本体680円+税)
ISBN:9784041082096

●原作 特設サイト
https://promo.kadokawa.co.jp/nozomi/

【あらすじ】
東京のベッドタウンに住み、 建築デザインの仕事をしている石川一登(かずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。 2人は、 高1の息子・規士(ただし)と中3の娘・雅(みやび)と共に、 家族4人平和に暮らしていた。 規士が高校生になって初めての夏休み。 友人も増え、 無断外泊も度々するようになったが、 2人は特別な注意を払っていなかった。 そんな夏休みが明けた9月のある週末。 規士が2日経っても家に帰ってこず、 連絡すら途絶えてしまった。 心配していた矢先、 息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、 2人は胸騒ぎを覚える。 行方不明は3人。 そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は2人。 息子は犯人なのか、 それとも……。 息子の無実を望む一登と、 犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。 相反する父と母の望みが交錯する――。 心に深く突き刺さる衝撃の心理サスペンス。

◎映画情報

監督:堤幸彦
原作:雫井脩介「望み」(角川文庫刊)
脚本:奥寺佐渡子
音楽:山内達哉
主題歌:森山直太朗「落日」(UNIVERSAL MUSIC)

(C) 2020「望み」製作委員会
配給:KADOKAWA

公式サイト nozomi-movie.jp
公式Twitter @nozomimovie