GENERATIONS from EXILE TRIBEがショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2020フェスティバルナビゲーターに就任!メンバーがおすすめプログラムを毎週紹介

ショートフィルムでひとつになろうGENERATIONSの楽曲「You & I」は映画祭オフィシャルテーマソングに決定

2020年9月16日(水)~27日(日)までの開催が決定している米国アカデミー賞公認、 日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020」は、 GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下、 GENERATIOS)が今年のフェスティバルナビゲーターに就任、 また、 GENERATIONSの楽曲「You & I」が映画祭オフィシャルテーマソングに決定したことを発表いたします 。

SSFF & ASIA とEXILE TRIBEの所属するLDHは2017年より「CINEMA FIGHTERS project」をスタート。 作詞家 小竹正人の詩の世界観を著名監督や新進気鋭の監督が参加し映像・オリジナル脚本化し、 主演キャストにLDHメンバーが参加するショートフィルムを製作してきました。 2019年の映画祭ではプロジェクト第3弾を発表。 3年続くシリーズは「ショートフィルム」に対する興味・関心を映画ファン層を超えて大きく広げ、 また、 LDHメンバーも「ショートフィルム」への造詣を年々深めてきました。

2020年の映画祭では、 LDHメンバーの中でも、 若手ながらJr. EXILE世代をけん引するパワフルさを兼ね備えるGENERATIONSに映画祭ナビゲーターに就任いただき、 世界112の国と地域から集まった数々のショートフィルムの魅力を紹介いただきます。

ナビゲーター第一弾は佐野玲於(さのれお)さんが、 映画祭の中でも、 将来有望な映像作家の国内外での活躍を応援すべく、 国内の25歳までの監督が制作した5分以下のショートフィルムを特集する「U-25プロジェクト」のみどころを紹介。 8月18日(火)より映画祭オンライン会場で配信開始となる作品の見どころを、 映画祭SNSおよびウェブサイトで発信いたします。

https://www.shortshorts.org/2020/ja/navigator/

新型コロナウイルスの感染拡大により、 海外からのフィルムメイカーたちの来日や、 大人数での映画祭鑑賞が困難となっている2020年の映画祭ではありますが、 「離れていても心はひとつ」というメンバーの思いが込められたGENERATIONSの楽曲「You & I」を2020年の映画祭オフィシャルソングに決定し、 オンラインによる監督とのQ&Aの実現やオンライン会場でのショートフィルム配信など、 映画祭の新しいカタチを模索することで「ショートフィルムでひとつになろう」というメッセージを、 この楽曲にのせて届けてまいります。

【フェスティバルナビゲーターGENERATIONSからのコメント 】
これまで、 3年にわたって展開されてきたCINEMA FIGHTERS Project。
これまでメンバー自身が出演したり、 LDHの先輩たちや仲間が出演する作品を観て、 長編映画とは違う、 ショートフィルムだからこその物語や表現に感銘を受けました。

今回、 光栄にもSSFF & ASIAのナビゲーターに就任させていただくにあたり、 初めて世界各国のショートフィルムを観させていただきました。 今年のSSFF & ASIAのテーマ「(ニュー)ボーダレス」からも感じられるように、 色々な価値観や視点、 メッセージが一つ一つの作品から溢れ出し、 それはショートフィルムを通じて僕たちに改めて何か大切なことを気づかせてくれたり、 これまで考えたことのなかったような新しい発見の機会を与えてくれたように思います。

そんな作品の数々に出会える映画祭を、 そしてショートフィルムの魅力を、 ナビゲーター(案内人)としてより多くの方々に紹介していきたいと思います!

僕たちの楽曲「You & I」は、 「変わりゆく世界のなかでも、 離れていても心はひとつ。 ひとつになろう」というメッセージが込められた作品です。

新型コロナウィルスの感染拡大という未曾有の出来事に直面している世界ですが、 オンライン展開する映画祭を通じて、 世界各国のショートフィルムを日本全国の皆さんに届けることができ、 ひとつになれたら、 そして、 世界各国の監督たちがオンライン上で集まり、 繋がることができたら、 僕たちも嬉しいです。

新しいカタチの映画祭を応援するテーマソングとして、 「You & I」もぜひ聴いてください。

【ナビゲーターのコメント紹介スケジュール】

【SSFF & ASIA 2020 新テーマ】 「(ニュー)ボーダレス」
変化を力に変えていこう。
新型コロナウィルスの世界的な流行で、 私たちの社会は大きな変化に直面しています。 それらの変化には、 決して悪い変化だけではなく、 新しいコミュニケーションや表現の扉を開く前向きな変化があると私たちは考えます。
例えば、 オンラインコミュニケーションは国境を超えたコミュニケーションの可能性を私たちに感じさせ、 動画配信サイトで発信される映像は、 プロフェッショナルとアマチュアの境界をなくし、 下剋上ともいえるチャンスを生みました。 そして、 映画を含む文化芸術の場ではウィズコロナに対応した新しい表現のカタチの模索も続いています。 それらの中には、 模索の一つとして終わるものもあれば、 新しいスタンダードへとつながるものもあるでしょう。 変化は現在進行形で続いていて、 まだ評価がされていないのが現状です。

SSFF & ASIAは毎年世界中で作られるショートフィルムを集め、 審査する価値づけ機関としても活動してきました。
今年は世界がコロナウィルスに直面してから約半年のこのタイミングで、 新しい表現に目を凝らし、 価値ある表現に光を当てる役割をも担います。
6月からの開催延期に伴い、 映画祭テーマを「ボーダレス」から「(ニュー)ボーダレス」へと変更した背景には、 「その表現がどんな境界(ボーダー)を越えた新しい表現であるか」を考える、 というメッセージを込めています。
これまで社会を区切り概念を生み出してきたボーダーを超えること、 すなわち、 私たちが今まで当たり前のこととして受け入れてきた概念を改めて見直してみること。 今年のSSFF & ASIA はショートフィルムを通じて、 新しい時代の「(ニュー)ボーダレス」な表現の形を立ち上げます。

【本映画祭の歩み】
米国俳優協会(SAG)の会員でもある俳優 別所哲也が、 米国で出会った「ショートフィルム」を、 新しい映像ジャンルとして日本に紹介したいとの想いから1999年にアメリカン・ショート・ショートフィルムフェスティバル創立。 2001年には名称を「ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)」とし、 2004年に米国アカデミー賞公認映画祭に認定されました。 また同年、 アジア発の新しい映像文化の発信・新進若手映像作家の育成を目的とし、 同年に 「ショートショート フィルムフェスティバル アジア(SSFF ASIA 共催:東京都)」が誕生しました。
現在は 「SSFF & ASIA」を総称として映画祭を開催しています。 また、 2018年に映画祭が20周年を迎えたことを記念し、 グランプリ作品はジョージ・ルーカス監督の名を冠した「ジョージ・ルーカス アワード」となりました。 2019年1月には、 20周年の記念イベントとして「ショートショートフィルムフェスティバル in ハリウッド」が行われ、 2001年にSSFFで観客賞を受賞したジェイソン・ライトマン監督に、 SSFF&ASIAから名誉賞が送られました。
また、 2019年の映画祭より、 オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、 アジアインターナショナル部門、 ジャパン部門)およびノンフィクション部門の各優秀賞、 最大4作品が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補とされる権利を獲得しました。
SSFF & ASIAは映画祭を通じて引き続き、 若きクリエイターを応援してまいります。
【公式ウェブサイト】 https://www.shortshorts.org/2020