【LINE LIVE】長渕剛初のオンラインライブ!伝説の富士山麓10万人ライブを超える一夜を!長渕剛初のオンラインライブ!360度ビジョンでファンに囲まれ、曲のリクエストに答える史上初の試みも!

強く生きたいと願う全ての人を応援する公演『ALLE JAPAN』!2020年8月22日(土)21:00 開催、チケットは8月3日より販売開始
LINE株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:出澤 剛)は、 チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進・配信・課金まで一元化した有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」において、 長渕剛初のオンラインライブ「ALLE JAPAN」(エールジャパン)を8月22日(土)21時から配信することになりましたので、 お知らせします。

有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」は 、 オンラインライブの実施や収益化をよりスマート化するため、 チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進・配信・課金まで一元化する有料オンラインライブです。

この度、 配信することが決定した 長渕剛のオンラインライブ「ALLE JAPAN」は 、 1978年のデビュー以降数々の名曲を生み出し、 42年にわたり日本の音楽シーンを牽引、 熱狂と感動を与え続けてきた長渕剛にとって、 初のオンラインライブとなっており 、 “日本を元気に”という長渕剛の熱い想いで実現しました。

2011年の東日本大震災後に、 長渕剛が実施した自衛隊員激励ライブは、 全国を感動の渦に巻き込みました。 そして、 2020年、 新型コロナウイルス感染症の流行や、 九州地方豪雨による被災など、 再び日本は未曾有の事態に陥り、 将来への不安に拍車がかかる状況の中、 不安を抱える人々、 頑張る人々へ向けて、 長渕剛が再び激励の想いを込めて開催します。 また、 LINE LIVE-VIEWINGと長渕剛で共同企画した、 完全オリジナルコンテンツとなります 。

さらに、 8月22日21時は、 伝説となった前代未聞の「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ2015 in 富士山麓」が5年前に実施された同日程・時間。 2020年8月22日、 再び長渕剛が史上初に挑み、 日本全国にパワーを発信します!

当日は、 オンラインライブ史上最大規模となる長渕剛をかこむ360度巨大ビジョンをつかったダイナミックな演出 で、 これまでの幾多の伝説の公演と異なる「究極のライブ空間」を生み出します。 ビジョンには、 いま再起を図ろうと闘っている数百名の人々をオンラインで映し出し、 彼らとリアルタイムでコミュニケーションを実施。 その場でリクエストされた曲を生演奏し、 エールを贈るという史上初のインタラクティブな試み も準備しています。

さらに、 インタビュアーや若い世代を代表するゲストとのトークを披露予定。 過去の衝撃エピソードから話題になったパフォーマンスの裏話まで、 全ての言葉を生配信でダイレクトにお届けします。 また、 長渕剛が“日本に希望を撃ち込みたい”と今年6月9日に緊急リリースした新曲「しゃくなげ色の空」の初披露も?今の日本に一番必要な、 明日を生きる糧となる長渕剛の熱い魂と”激励”を、 「LINE LIVE-VIEWING」で体感してください。

【公演概要】
タイトル:「ALLE JAPAN」(エールジャパン)
配信日程:2020年8月22日(土)21:00配信開始予定
販売日程:2020年8月3日(月)販売予定
長渕剛オフィシャルサイト: http://www.nagabuchi.or.jp/

【配信参加希望者 応募フォーム】
‘インタラクティブトーク’ コーナーへの参加者を現在募集中です。
https://lin.ee/dmJEhsb/dtzb/P
※応募期間:~8月8日(土)23:59迄

【視聴について】
※本番組は有料配信です。
※LINE LIVE-VIEWINGは、 スマホ・PCどちらでも楽しめるサービスです。

【長渕剛 新曲情報】
長渕剛 feat.AI 「しゃくなげ色の空」
“日本に希望を撃ち込みたい”とシンガーAIを迎えて緊急配信リリースした新曲。 現在発売中。 https://lnk.to/yJWDir

【有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」概要】
オンラインライブの実施や収益化をよりスマート化するため、 チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進・配信・課金まで一元化、 ブラウザ(スマホ・PC)の高画質配信(横型・縦型)にも対応しており、 音楽ライブはもちろん、 トークライブから握手会まで、 様々なジャンルのイベントに対応した、 アーティストとファンがコミュニケーションを取りながら一体となって楽しめるオンラインライブ。 自宅ライブ・スタジオライブからアリーナ公演中継まで数々のライブ配信を手掛けてきたスタッフによる「サポート体制」や、 業界トップレベルの「低コスト」を実現しています。 視聴者は、 「LINE LIVE-VIEWING」を活用することで、 ライブ配信中にアーティストの会話に参加したり、 オリジナル応援アイテム(有料)を送ったりすることができ、 従来の一方的に映像を流すライブ配信では感じることが難しい「一体感」「非日常感」を、 そのままオンラインで体感することができます。