人間に変わり活躍するAIディープラーニング 日本のAI研究第一人者が最新技術を語る

4月7日~9日、ビッグサイト青海展示棟で日本最大規模のAI専門展示会「第5回AI・人工知能EXPO(春)」が開催されました。会場にはディープラーニング、機械学習、GPU・ハードウェア、エッジAI、自然言語処理、画像・音声認識、対話AIなどAIに関するあらゆるサービスが出展されました。

いま、企業の業務効率化など、あらゆる業界で求められるデジタル変革=デジタルトランスフォーメーション(DX)。最新AIはDXを推進する重要な要素とあって、どのように活用するか注目されています。9日には、日本におけるAI研究の第一人者である東京大学大学院教授 松尾豊氏が、「DX時代のAI(ディープラーニング)活用最前線」と題し講演を行いました。

松尾氏は具体的なAI(ディープラーニング)の活用例として、製造業では外観検査やじゃがいもの変色検知、農業では農薬ドローンや収穫ロボット、水産業では養殖の餌やり管理などを紹介。その他に、日立造船のAI超音波深傷検査システムは2020年度「ディープラーニングビジネス活用アワード大賞」を受賞したもので、いままでは船の傷は人が見ていたものを、AIがやることにより、翌日には届けることができようになった成功事例をあげました。コロナ禍において施設入館者の体表温の測定や、人の画像の処理、ワクチン開発など医療分野でも幅広く活用されています。こうした成功事例はなによりディープラーニング活用に寄与できる人材育成が大事という松尾氏は講習会や高専での育成にも力を注いでいます。

 

▮最新技術では人間と見分けがつかない記事やイラストを生成

AIの最新技術のトレンドとして、人口知能を研究するOpenAIが開発する「GPT-3」は人間と区別付かないほど高精度の高い文章を生成することができ話題になったと紹介しました。他にも、今年1月に発表された、言葉から画像を自動生成するツールでは、「アボカドのようなイス」といった言葉から画像に合ったイラストを生成。まさに自動イラストレーターといった技術も出てきているといいます。

講演では、DXはアナログをデジタル化する「デジタイゼーション」とデジタル化したものを業務効率化や付加価値向上に活用する「デジタライゼーション」の2つの側面に分けられると解説した上で、タクシーの配車を例にあげました。

もともと客、オペレーター、ドライバー間の連絡は全て人間が手動でやっていたものを、AIによる配車の自動化を実現するにあたり、データ化して効率化してから新モデルを作るというやり方を採用しました。日本のDXの特徴はもともとあるものをデジタイゼーションして、そこからさらにデジタライゼーションするという流れが得意だとする一方、海外だといきなりUberのような新しいモデルを作ってしまうといいます。

事例のように、DXによって今までできなかったことが実現し、消費者にとっては早く安くなり、パーソナライズされたサービスを受けられるといったメリットがあります。まさに世界では着実にAI(ディープラーニング)による技術が躍進してきている中、松尾氏は講演で、データの活用がビジネス上でできていないことが今の日本が抱えている課題だと指摘。そこに対してAIを用いてイノベーションを起こしていかなければならないと語りました。