3.11から10年…三井住友信託銀行が「終活キット」を抽選で100名に無料配布 3月1日から

東日本大震災から10年、「信託で応援できること」を目的に、三井住友信託銀行株式会社がエンディングノートやオリジナル万年筆を含めた「終活キット」を、抽選で100名に無料配布することが、分かった。3月1日から、同社の公式HPで受付開始される。

三井住友信託銀行は、2011年3月11に発生した東日本大震災以降、「信託」の仕組みを使って「社会に貢献したい」という想いをもつ顧客と、社会貢献活動に取り組んでいる団体をつなぐため、「社会貢献寄付信託<明日へのかけはし>」を推進。また、2020年5月には「新型コロナワクチン・治療薬開発寄付口座」を開設することで、新型コロナウイルスのワクチン・治療薬の開発を行う大学等と顧客をつなぐなど、人々の感染症への不安終息への想いを支援する活動にも積極的に取り組んできた。

そんな中、自然災害やコロナの影響もあり、「いざという時に大切な人や社会に迷惑をかけたくない」「自分の想いを残しておきたい」という声が顧客から寄せられるようになり、遺言や死後事務など「終活」に対する問い合わせも増えてきたことから、「信託でそれらの思いが実現できることを伝えたい」と考え、今回のキャンペーン実現に至ったという。

「終活キット」に納められているのは、「エンディングノート」「ライフメモリアルノート」「オリジナル万年筆(チタン製)」「レターセット(モスグリーン)」の4点。

「エンディングノート」は、「未来の縁ingノート」と題された同社のオリジナル版で、死後の手続きに必要なことを検討する項目を体系化し、必要項目に絞られているのが特徴。デジタル遺品など、現代社会に即した形でまとめた「簡易版のエンディングノート」となっている。

「ライフメモリアルノート」は、必要なことを簡潔にまとめる「エンディングノート」からさらに一歩踏み込み、自身の想いをダイレクトに伝えるのに役立つアイテム。これまでの人生の振り返りができる項目や、今後の目標を記入するパートなどもある。「好きな歌・歌手」「感動した本・映画」など、いま一度改めて書き出してみることで、日々大切にしている想いとじっくり向き合い、伝えたい、という人にオススメだという。

同プロジェクトを推進する同社の「人生100年応援部長」の谷口氏は、今回の企画について「当社は、全国に支店持っている関係から、この10年間でも多くの方々と接する機会がありました。災禍が二度と起きないことを心から望んでいます。しかしながら、このような状況が起こるであろう前提に立ち、信託銀行として皆さまを支える方法を常に考えておく必要性も痛感してきました。そのような中で、終活を信託の力でトータルサポートできる当社だからこそできることを考え、“備えることの大切さ”を伝えるべく、終活キットを配布することにしました。防災キットと同じように、終活キットがもしもの時に備えるきっかけになればと思っています」とコメントしている。

申し込み期間は3月1日(月)~3月11日(木)。同社のHPの専用フォームから申し込む。なお、当選者の発表は、商品の発送をもって代えられる。

この機会に「終活キット」で一度じっくり自身と向き合ってみてはどうだろうか。