国産初!リーブ21が抗がん剤による脱毛を抑制する“頭皮冷却装置”を開発

日本人の抜け毛・脱毛の悩みに寄り添ってきた株式会社毛髪クリニック リーブ21(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:岡村勝正)が、令和2年7月10日(金)に抗がん剤治療の副作用による脱毛を低減・抑制する医療機関向け医療機器「Cell Guard(セルガード)」の製造販売開始を発表しました。

がん治療において抗がん剤治療は重要な役割を果たしていますが、副作用による脱毛に抵抗があり、抗がん剤による治療を断念する患者もいるそう。特に近年増加傾向にあり、他のがんに比べて比較的若い年齢での罹患率が高い乳がん患者にとって、脱毛は著しくQOLを低下させるものであり、長年緩和することが難しい副作用となっていました。

そこでリーブ21は、頭皮を冷却することにより毛細血管を収縮させ、毛根に到達する抗がん剤を抑制することに着目。2009年から頭皮冷却装置の開発に着手し、国内の病院・クリニックでの臨床試験を経て、2015年に医療機器製造販売業を取得、2020年3月に頭皮冷却装置の製造販売について厚生労働省から承認を得ました。

登壇者の大阪大学大学院 招聘教授 小林忠男氏によると、現在すでに欧米では頭皮冷却による脱毛軽減のアプローチは定着しつつあり、頭皮冷却装置は乳がん患者に推奨するべきだという意見が大多数を占めているそう。「Cell Guard(セルガード)」の医療機関向け販売は今秋を予定しており、今後のがん治療に新たな潮流が生まれそうだ。

また独立行政法人国立病院機構 医師 渡邉隆紀氏によると、がん患者の外見をケアすることの重要性が近年見直され始めており、「Cell Guard(セルガード)」によって脱毛の程度を軽減できることは、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に著しくに寄与するだろうと意見を述べました。

リーブ21 岡村氏は、全国のがん診療連携拠点病院を販路として、販売台数2,000台以上を目標としていると語り、国内メーカーとして初めての頭皮冷却装置の商品化に自信をのぞかせました。

・公式HP:「Cell Guard(セルガード)」
・販売価格:432万円(税抜き)(予定)
・販売開始時期:2020年秋~(予定)