年始の福試しにいかが…?東京2020オリンピック福袋をKNT-CTが発売

いよいよ開催が近づいてきた「東京2020オリンピック・パラリンピック」。観戦チケットをなかなかゲットできないという嘆きの声をよく耳にする。そんな中、年始の風物詩である福袋に、一生に一度しか手に入らない一風変わったものが登場した。東京2020オリンピック・パラリンピックのオフィシャル旅行サービスパートナーであるKNT-CTホールディングスから、チケットと宿泊をパッケージングした観戦ツアーを設定した『2020福袋シリーズ』の抽選販売を12月26日(木)から受け付けるというのだ。気になる福袋の中身はどのような内容なのだろうか。

“東京2020”にちなんだ202万円のコースも用意!

KNT-CTホールディングスでは、今年7月に「東京2020オリンピック公式観戦ツアー」を発売し、数多くの商品やコースを発表、申し込みが殺到しているという。ただ、東京2020オリンピックのオフィシャルサイトからの申し込みは抽選倍率が高く、チケットをゲットできない人が続出。観戦を諦めるといった声も……。

今回、KNT-CTホールディングスでは、開催年の2020年新春を迎えるにあたって「2020福袋シリーズ」の発売を決めた。抽選販売の受付は12月26日(木)13:00から2020年1月14日(火)16:00。メディア向けの発表会で同社の米田明正取締役社長は「4年間磨き上げてきたアスリートの選手の皆さん、そして各国の代表の選手を声の限り声援を送る観客の皆さん、日本を代表して語られる“おもてなし”で競技を支えるスタッフの皆さん、それぞれが感動に会いに来ていただきたい」とコメント。

続いて同社の執行役員国内旅行部長の酒井博氏より、今回発売される「2020福袋シリーズ」全12商品(オリンピック公式観戦ツアー7商品、パラリンピック公式観戦ツアー5商品)が発表された。

特に注目なのはオリンピック公式観戦ツアーの202万円の福袋。「開会式と注目5競技観戦コース8日間」で、出発日は2020年7月24日(金)。開会式をカテゴリーA席で観覧し、柔道・水泳・ソフトボール・体操・卓球の決勝戦、3位決定戦といったメダルセッションが観戦できる。しかも、宿泊は帝国ホテルで、TOYOTA i-ROADでの東京観光とアシックス社製の東京2020オリンピック日本代表団公式応援グッズまでセットになっている豪華なプランだ。

また、もっともリーズナブルな福袋は「オリンピックスタジアム陸上競技日帰りプラン」で、見どころ解説セミナーと競技体験のあと、陸上競技を観戦するという充実した内容の日帰りコース。旅行代金は20,200円。実施日は8月3日(月)で、その日行われるオリンピック競技は女子円盤投げ決勝、女子5000m決勝、男子3000m障害決勝、女子200m準決勝など見どころいっぱいだ。

写真:アフロ
858-08421624
© Aflo Sport / Masterfile
Model Release: Yes
Property Release: Yes
Wheelchair basketbal players in action

さらに東京2020パラリンピック公式観戦ツアーにも見逃せない商品がある。「アスリートと競技体験交流パーティ付き 開会式と競技体験観戦ツアー3日間」で、旅行代金は202,000円のコース。パラリンピックの観戦だけでなく、競技を実際に体験し、学ぶことができるプランとなっている。観戦競技は車いすバスケットボールの観戦と水泳のメダルセッション。しかも、なんと東京ステーションホテルにアスリートを迎えての競技体験&交流パーティ(ランチ込)が付いてくるという贅沢な商品だ。

都内6か所の「ワンダースポット」で競技の見どころを専門家が解説!

近畿日本ツーリスト・クラブツーリズム企画の東京2020オリンピック公式観戦ツアーには、大きな特徴がある。それは各競技のルールや楽しみ方をプロの解説によって伝える「見どころ解説セミナー」が用意されていること。都内6エリアに「ワンダースポット」を設置。オリンピックの全33競技について、オリンピアンや元日本代表選手、現役選手、指導者など、その競技に精通している講師を招き、競技や種目、ルールや見どころなどを45分のセミナーで解説してくれるのだ。

メディア向けの説明会には、柔道の解説を担当する、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックの柔道女子63kg級元日本代表、金メダリストの谷本歩実さんと、バスケットボールの解説を担当するニューヨーク出身のバスケットボールアナリスト・解説者の佐々木クリスさんが登壇。

佐々木さんは、実際にワンダースポットで行われる見どころ解説セミナーのダイジェストを実演。一般の人はなかなか知らないバスケットボールの試合におけるポイントなどを分かりやすく解説。「家族やお友達に教えて、自慢できるようなバスケットボール観戦のワンポイントをたくさんご紹介したいと思います」とコメント。

また、谷本さんはVRを利用した車いすレースを体験。谷本さんが実際にVRゴーグル内で目にしている光景をスライドで投影。パラリンピックの車いすレースの速度を映像で体験した谷本さんも興奮しているようだった。なお、今回発売される「2020福袋シリーズ」ではVRを活用したフェンシングやボルダリングなどの競技を疑似体験できるプランもあるので、興味のある人はぜひ体験してみてはどうだろうか。

なお、KNT-CTホールディングスグループでは、傘下に持つ近畿日本ツーリストが、企業向けの社員旅行や同窓会といったグループでの東京2020オリンピック・パラリンピック公式観戦ツアーも用意しているとのことで、観たい競技などの要望に応じてツアープランを組むといった相談にも乗ってくれるという。

■参考URL:
KNT-CTホールディングス「東京2020オリンピック・パラリンピック」応援サイト
東京2020公式ウェブサイト