上野のビジネスホテルが疲れた女性に贈る「眠り姫プラン」——特製洋菓子、占い、メイクサービスも

東京・上野のビジネスホテル「TOSEI HOTEL COCONE(トーセイホテルココネ)上野」が開業1周年を記念して、女性限定の「眠り姫プラン2019」を販売する。

同ホテルのデザインコンセプトは「和モダン」。2階は春、3階は夏など、フロアごとに異なるデザインやアロマの香りで季節を感じさせる演出がなされている。レディース優先フロアがあり、大きな鏡や女性スタッフが厳選したナノケアドライヤー、フェイススチーム、アメニティなど、女性客に優しいサービスを提供しているのも特徴的。一般的にビジネスホテルの利用客は女性が2割程度だが、同ホテルは4割を占めているという。


「クォーレ」の占い師による出張占い

今回、オープン1周年の感謝の意味を込めて、“ビジネスホテルで姫になる”を合い言葉に女性向けのプランを企画した。日頃忙しく休養の不足しがちな女性を考慮し、癒しをもたらす内容となっている。1泊2日で、1日目はチェックイン後、パティシエ・金井史章氏が考案したオリジナル洋菓子の提供があるほか、鑑定実績100万件以上の占い師所属事務所「クォーレ」の占い師による出張占いが1時間20分まで受けられ、日頃の悩みを解決してくれる。2日目は、朝からプロのヘアメイクアーティストによるメイクアップで綺麗になった後、ランチビュッフェを味わえる。レイトチェックアウトなので、12時までゆったり滞在が可能。


プロのメイクアップアーティストによるメイク

11月6日に行われた発表会で、同ホテルを運営するトーセイ・ホテル・マネジメントの檜山元一取締役本部長は、「美しく変身するお姫様プランということで、外見、内面ともに綺麗になっていただく、特別な体験をコンセプトとして提供します。滞在されたお客様が、より良い心地よさを感じて新たな出発ができるように、という思いを込めました」と話した。

プラン限定の2種類の洋菓子は、りんごの疲労回復効果や安眠効果、美容効果、精神を落ち着かせる作用に注目し、りんごを使ったスイーツを提供することにしたという。紅玉とシナノスイートに加えて、果肉まで赤い「紅の夢」という3種のりんごを使用している。


(左から)パティシエ・金井史章氏、トーセイ・ホテル・マネジメントの檜山元一取締役本部長


(左から)「ココネ・アップルバターサンド」と「ガトー・トランキリテ・ココネ」

「ココネ・アップルバターサンド」は、砂糖を使わずに炊いたりんごを合わせたバタークリームを、ブルターニュ地方の銘菓「サブレブルトン」で挟んだお菓子。りんごのフレッシュな酸味とバタークリームの滑らかな口当たりに、キャラメルの苦味やりんごのリキュール・カルバドスの香りも効いていて、大人っぽい上品な味わい。

りんごのコンポートをビスキュイパンドジェンヌでサンドした「ガトー・トランキリテ・ココネ」は、りんごのジュレを薄くのせ、アーモンド入りのショコラブランでコーティング。上には生クリームではなく、フロマージュブランをのせているので、ほんのり酸味があり、さっぱりと食べられる。しっとり柔らかいりんご、パリッとしたショコラ、ふんわりフロマージュの異なる食感が絶妙なバランスで調和する。どちらも甘さは控えめで、りんご本来の酸味と甘味を感じられる深い味わいが楽しめる。考案した金井氏は「心地よい眠りのお手伝いができたらと思っています」と語っていた。

同プランは1泊2日15,000円(ランチ付き)、女性限定で1日2名まで。対象日は11月9日(土)、16日(土)、23日(土)、30日(土)となっている。

TOSEI HOTEL COCONE上野