脱3密!”自然と共に生きる”女子キャンパーに聞いてみた!

コロナ禍でも楽しめるとして注目されているアウトドア。その中でも1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」が女性の間で人気を集めており、
「youtube」でもキャンプを楽しむ動画が多く投稿されています。

そこで今回ニュースポケットが注目したのは「ライター」「モデル」に加え「youtube」への動画投稿など幅広く活躍しているヒミカさん。

有名アウトドアブランドの「フェールラベーンの公式アンバサダー」や「NeutralOutdoorカタログモデル」を務める一方、
キャンプ・アウトドア情報サイトで連載を行うなど活動の幅を広げています。
中でもキャンプ動画が人気のyoutubeは登録者数が1.6万人超え。そんな”自然と共に生きる”アウトドア女子ヒミカさんにお話を伺いました。

Q.今のようなキャンプの活動をやってみようと思ったきっかけを教えてください。

「同郷の安室奈美恵さんに憧れてダンスや歌をやっていましたが、ある日、歌の幅が広がるからと知人にジャズを薦められ、ジャズバーに飛び込んで働かせてもらいました。バイト先の友達の誘いでキャンプを体験し、楽しい思い出を残したくてYoutubeにキャンプ動画の投稿を始めました。
そこではアウトドア好きの従業員やお客さんがたくさんいて、キャンプや歌を分け隔てることなく楽しめた日々があったから、今もアウトドアのアカウントで時折踊ってみたり、歌ってみたりする動画を投稿しています。でも、意外かと思われますがキャンプ中に歌うことはほとんどないのです。」

Q.動画、SNSを発信する上でのこだわりを教えてください。

「焚き火や熾火など癒しのシーンが多いのですが、サバイバル術や防災対策などいざというときに役立てたい方法や道具も自分なりに積極的に発信しています。とくに最近は田舎暮らし(山暮らし)をしているので、自然の恵みや地域の特産、地元の人々との触れ合いを感じてもらえるような発信ができたらいいなと思っています」

Q.どのような人に動画・SNSを見て欲しいですか。

「私のようなものの投稿を見てくださるなら、いろんな方々に見てもらえると嬉しいと思っています。私自身は、焚き火をするたびに悩んでいることや嫌なことをすべて忘れることができるので、私は焚き火を自分のリセットスイッチと考えています。ぜひ見るだけでなく、ご自身でも楽しんでください。」

Q.このような活動を始めて友達や視聴者、フォロワーなど周囲の反応はいかがですか。

「見た目の印象よりタフな場面も多いからか驚かれる方が結構います。チェーンソーを使って玉切りをしたり、力いっぱい薪割りしている姿は、どうやらギャップがあるみたいです。」

Q.今後の目標や展開予定を教えてください。

「今は山間地への移住を始めて、自給自足に近づけるような生活を少しずつ取り組んでいます。そのほか地元のアウトドア・アクティビティに関わる人たちとのリレーション作りが最大のテーマになっています。目標や展開は具体的に決めてはいないのですが、楽しみながら自然との共生を目指していきたいと思います。」

そもそも、沖縄出身で中学三年生の時に芸能プロダクションにスカウトされたのがきっかけで上京したヒミカさん。なんとメジャーデビューを目指し四人組のダンスヴォーカルユニットでメインヴォーカルを担当していた過去も。こちらのチャンネルでは静かで落ち着いた喋り口調からは想像できない、キレッキレのダンスや美声も披露しています。

バイト先の友達の誘いをきっかけに、ひょんなことからキャンプに興味を持ったヒミカさんも今やすっかりその虜に。
楽しみながら自然と共に生きることを目指す彼女の姿を見れば、皆さんも魅力に気づくことができるかもしれません。

『アウトドア女子ヒミカチャンネル』はこちら!→「アウトドア女子ヒミカチャンネル」
『歌と踊りのチャンネル』はこちら!→「日泉華 / Himika」

<文・構成 ニュースポケット>