歯周病が新型コロナ感染リスクを高める 歯磨き予防を日本歯科医師会が提言

「いい歯の日」(11月8日)に向けて、日本歯科医師会は10月14日、「歯と口の健康シンポジウム2020」をオンラインで開催し、感染症とオーラルケアについて講演を行いました。

新型コロナ感染症リスクのある歯周病

登壇した神奈川歯科大学副学長槻木恵一氏によると、唾液の減少は細菌を増やすと考えられ、感染症の予防には口腔内をケアすることにより唾液の量と質を改善し唾液力を強化することが重要だといいます。唾液中にはIgAという抗体が最も多く存在し、有害な細菌やウイルスを排除してくれる粘膜免疫としての役割をはたしています。

舌の粘膜、苔には感染を促進する因子が存在し、歯周ポケットもウイルスの入り口になってしまうリスクがある為、日常の歯磨きなどセルフケアと合わせ、かかりつけの歯科医師によるプロの口腔健康管理が必要だと言います。

シンポジウム内では槻木氏と東京歯科大学市川総合病院呼吸器内科教授寺嶋毅氏が「新型コロナウイルスと歯周病との関係性」について対談。新型コロナは歯周ポケットからの侵入もあるといい、歯周病の人は感染症になりやすい可能性があるので注意が必要だと言います。この歯周病について、実は、成人の7割がかかっているというのだそうです。自覚せず過ごしている隠れ歯周病の可能性もあるということで今回、歯周病の症状10個が記載されたチェックシートが用意されました。

当てはまる項目について
・1〜2つ…歯周病の可能性あり
・3つ以上…歯周病の進行の恐れあり

いずれも歯肉炎や歯周病に起こる症状で、槻木氏は、例えば歯茎から血が出たというのも重要なサインになるのでやり過ごさないよう呼びかけました。

新型コロナウイルスやインフルエンザの感染リスクを下げるためには、飛沫感染や接触感染対策、マスク、手洗いなどした上で、口腔ケアも対策の一つに加えてほしいと話しました。

正しいブラッシング方法

シンポジウムでは歯科衛生士の岩切美奈氏によるブラッシング講座が行われました。磨いたつもりでも磨き残しというものがあり、特に歯と歯の境目や間、奥歯の奥側に注意が必要だといいます。歯磨きは歯と歯茎に45℃当てる横磨きを推奨。

歯ブラシは通常ペングリップという持ち方で歯並びの悪い部分などは角度を上手に変えながら細かく磨くといいのだそうです。

予防歯科について、日常のセルフケアに加え、歯科医院で行うプロケアとの両方が大事だということです。このコロナ禍で歯科医院に行くのを控えている人も多いのではないでしょうか。シンポジウムでは
これまでに歯科治療での感染の事例は1件も確認されていないといいます(10月14日時点)。ウイルス感染対策一つとして口腔ケアも大切に行っていきたいところです。

自宅でできる簡単にできる歯のケア製品に頼ってみてもいいかもしれません。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ Bluetooth搭載 黒 EW-DT51-K
フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート 電動歯ブラシ ホワイト HX9934/05
ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ iOシリーズ iO9 iOM92B20BK ブラックオニキス