高音質で操作性抜群!パナソニック初完全ワイヤレスイヤホン発売

ケーブルに繋がれることなく、左右別体でワイヤレス接続する「完全ワイヤレスイヤホン」。人気急上昇中の市場にパナソニックが参戦。同社初となる完全ワイヤレスイヤホン3モデルが発表されました。期待の3モデルを紹介します。

▮高音質「EAH-AZ70W」

音質にこだわるならこちらがオススメ。これまでHi-Fiオーディオ機器の開発で培ってきた同社ブランド「テクニクス」の音響技術を駆使し完全ワイヤレスの小さな筐体でありながら、音楽本来の躍動感を実現。完全ワイヤレスとしては大口径の直径10mmダイナミック型ドライバーを搭載し、豊かな低音と広い空間性でゆとりある音を楽しめます。「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載し、ノイズキャンセリング性能は業界最高クラス。飛行機の中や、カフェといった周囲の音が気になるシーンでもノイズを低減し、音楽の世界に浸ることが出来ます。市場想定価格3万1000円(税抜き)前後。

▮コスパ重視「RZ-S50W」

音質と価格のいいとこ取りがこちら。8mmドライバーを搭載し広い帯域を余裕をもって再生可能に。締まり感もありつつ豊かな低音を実現。業界最高クラスのノイズキャンセリング性能もあります。「EAH-AZ70W」同様、送話の音声とそれ以外の音を区別してノイズを低減、送話の音声をクリアにします。イヤホン内のマイクに直接風の音が当たりにくい構造にすることで、送話の際の風切り音を低減。市場想定価格は2万1000円(税抜き)前後

▮小型で女性にも優しい「RZ-S30W」

小柄な人は、普通のサイズでは耳が痛くなることもしばしば…。そんな悩みにも応えるのがこちらのモデル。XSサイズまで取りそろえたイヤーピースにより、小さな耳にもフィットしやすいコンパクトサイズで、耳の中にも収まり、外れにくい形状になっています。コンパクトながらも、高性能マイクで通話性能もあり防滴(IPX4)も対応。カラー展開はブラック、ホワイトに加え、アースグリーンもありアクセサリー感覚で身に着けられるのもうれしいところ。市場想定価格は1万3000円(税抜き)前後。

▮抜群の操作性&ストレスフリーな通話

3モデルに共通するのが操作性の良さです。新開発されたタッチセンサーアンテナによりBluetuooth®の接続が安定し動画視聴時の映像と音声のずれを低減。また、イヤホンを軽くタッチするだけで操作することができ、スマートフォンをバッグやポケットから取り出すことなく操作することができます。専用アプリで各種設定や音質のカスタマイズも可能。バッテリー残量の確認や、紛失したイヤホンを捜索できる便利機能も。各モデル発売は4月中旬予定。

パナソニック 完全ワイヤレスイヤホン