少子化に負けずおもちゃ市場を盛り上げる!
「サプライズトイ」3種を紹介

少子化が危惧されて長いが、おもちゃ市場は成長傾向にある。特にその中でも、業界を引っ張るのは、新たなるジャンル「サプライズトイ」の存在だ。びっくり箱みたいなおもちゃのことではない。どんどん成長したり、変化するおもちゃのことを、そう呼ぶのである。

中身がわからず、それでいて楽しい仕掛け付き。これは大人でもワクワクしてしまうものだろう。今回は、そんなサプライズトイのなかでも人気の高い3種類のペットトイをご紹介しよう。

水で洗えば変身

セガトイズが販売する「WHO are YOU ? リアルレスキュー」。このサプライズトイは、なんと水で洗うまで、イヌが出るか、ネコが出るかわからない。しかも、箱を開けた時点から、鳴き声を上げるようになっているのだ。

この球状の毛玉が、心臓音を鳴らしたり、切なげに鳴いたりする。まさにサプライズである。これを、水で洗うのだ。するとほぐれて、ペットトイが姿を現す。

タオルで吹いたり、ドライヤーの冷風で乾かしてあげれば、みるみる可愛くなっていく。備え付けのブラシやミルクを使って愛でることもできる。撫でたり抱きしめたりすると、色んな声で反応してくれるぞ。

愛情を注げば子供を出産

これもセガトイズが販売する「ねこ産んじゃった」。なんと、撫でれば子ネコを生むギミックが仕込まれたサプライズトイである。まさに産んじゃった、なわけだ。

背中を撫でると、鳴き声を上げる仕様。撫でて撫でて、撫でまくれば、キラキラリーンの音とともに産気づいて出産可能状態になる。あとはお腹を開けると赤ちゃんペットとご対面。

生まれてくる子ネコは基本3匹。だが4匹や5匹が生まれる可能性もあるという。どんなカラーの子が生まれるかは、生まれてみるまでわからない。生まれたら子ネコは音を立てて乳を飲んだりする。

ネコだけでなく、イヌやウサギもいる。好きなタイプを選ぼう。

音で育てると進化

タカラトミーが販売する「リズモ」。音を栄養にして進化していく生き物という設定であり、
遊べば遊ぶほど姿も進化していく仕様だ。

最初は毛玉のような赤ちゃん、それが育てば子供の姿になる。最終的には大人の姿へと変化していき、大人の姿は2パターンあるが、育ってみるまでわからない。育てて進化すればするほど、遊びの幅が広がっていく仕様なのも面白い。

なお、放っておくと、背中の目が赤くなってゾンビリズモになるという。ゲームの点数が低かったり、鳴いたのにスルーしているとこのモードになるというのだから面白い。

サプライズトイは、開封時にドキドキを味わえるのはもちろん、開封後も育てたり、変化したりなど、楽しみ方のバリエーションが実に多い。今後もおもちゃの進化に目が離せない。