【本日】11月15日は「のど飴の日」!
渋谷で“のどケア”を全身で楽しむ空間が限定オープン!

東京・渋谷の渋谷モディに大きな“口”が出現! ゲートをくぐり抜けると、そこは“のど”だった! これは、カンロ飴やピュレグミでおなじみのカンロ株式会社が本日・11月15日(金)と16日(土)の2日間限定でオープンしている『渋谷でのど直感インパクト!』イベント会場だ。11月15日は「のど飴の日」と制定されており、これに合わせて今秋新発売の体験型のど飴「ドクタープラスのど直感すっきり飴/じんわり飴」をプロモーションしているのだ!

のどケアが重要な季節が到来! 『のど直感』を体感しよう!

カンロから9月24日に発売された体験型のど飴「ドクタープラスのど直感すっきり飴/じんわり飴」は、のどで味わいを楽しめる今までにないタイプの“のど飴”。口の専門家として著名な鶴見大学と4年にわたる共同研究を重ね、科学的観点をプラスして開発された本格的なのど飴だ。「すっきり」「じんわり」の2タイプで展開され、「すっきり」タイプは少し苦味があって爽やかな和かんきつ味。一方、「じんわり」タイプはショウガの温かさをのどで体感できるリンゴ風味のアップルジンジャー味となっている。どちらも“体感”をキーワードに、「すっきり爽快」と「じんわり潤う」という感覚がのどを直感する。

この新商品2タイプを実際に体感できるイベントが、「のど飴の日」である11月15日と16日の2日間、渋谷モディで開催中。巨大な口のゲートをくぐると、“のど”をイメージしたオブジェが登場。のどの奥にあたる位置に立つことで、参加者のみ味わえる仕掛けによって、あたかも「ドクタープラス」を食べている口の中に入ったような不思議な感覚を、全身で楽しむことができる。

「のど直感」体験の瞬間をオリジナルマンガに。
これはインスタ映え間違いなし!

さらに「のど直感」を体験した瞬間を激写し、その写真をオリジナルのマンガに変換してくれるサービスも実施。体験した人は、その場でオリジナルマンガの画像データをダウンロードして持ち帰ることが可能。TwitterやinstagramなどのSNSでシェアしたら、注目度がアップすること間違いなしだ! なお、変換されるのは上記写真の赤枠部分となる。

ということで、記者もさっそくオリジナルマンガに変換してもらった!

これは楽しい! 惜しむらくは少し笑顔の表情を作ってしまったこと。体感の衝撃を表現するために、これから作成する人はイラストを元に表情を作ってみるのも面白いはず!

のどに厳しい季節だからこそ
のどケアに「ドクタープラス」を活用しよう!

近年、のど飴市場で注目されているキーワードは「効能感」だという。含まれる成分などで効能があると分かるのは言うまでもなく、最近では「効いた!」という実感や体感を求めるユーザーが増えているということなのだろう。そんな効能感を“のど直感”できる「ドクタープラス」を、乾燥して「のどケア」が重要となるこれからの季節に活用していきたい。なお、この「ドクタープラス」は医師100名へのアンケートで、実に93%が「勧めたい」と評価した「AskDoctors(アスクドクターズ)」医師の確認済み商品。なんと、これはキャンディ業界では初の商品とのこと。評価の詳細は「AskDoctors」公式サイトをチェックしてほしい。

なお、カンロの体感イベント「渋谷でのど直感インパクト」は11月15日(金)、16日(土)の11:00〜19:00、渋谷モディの店頭プラザ(東京都渋谷区神南1-21-3)で開催中。近くを訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみよう!

■参考URL:カンロ「ドクタープラス」ブランドサイト