「相田みつを」が現代に復活!?「AIだみつを」のカフェが期間限定オープン

7月4日、ネスカフェ 原宿にて「アイスクレマコーヒーでちょっと一息! AIだみつをカフェ」お披露目会が開催された。現場には相田みつを氏のご子息であり、相田みつを美術館の館長を務める相田一人氏も登壇。

≪AIだみつを≫とは何者か

AIだみつをとは、相田みつを氏が残した言葉の数々をディープ・ラーニングすることで、相田みつを的な言葉を生み出す存在である。

今回のカフェでは、AIだみつをが生み出した8000語の中から最終的に20語に厳選した言葉をラテアートシートにしてアイスクレマコーヒーに浮かべて提供する。一杯390円(税込)だ。

ココロ診断のサイトを利用すれば、自宅からでも声を診断してもらうことができるぞ。

相田一人館長がAIだみつをカフェを体験

相田一人館長が、AIだみつをカフェを体験する場面があった。AIだみつをに声をかけて、ココロ診断をしてもらい、その心のスコアに合わせた詩が贈られる。

贈られた詩は「本当の本当をよくわかってごらんよ」だった。相田一人館長は、その詩をじっくりと眺めると、父・相田みつを氏に思いを馳せる。

「父は『本』のつく言葉が好きでした。本気や本当、本心…。AIだみつをさんの言葉に、それを思い出させてもらいました」

AIだみつをの詩には、ちゃんと相田みつをイズムが流れているようだ。

AIだみつをの言葉が浮かぶアイスクレマコーヒーを一口飲む相田一人館長。ゆっくりと味わってから、口を開く。

「ほろ苦さの中に甘さがありますね。こうして、相田みつをの流れを組む言葉を溶かして身体の中に入れるのは不思議な気分になります」

相田一人館長に、相田みつを氏はコーヒー派だったのかを聞いてみた。すると、少し照れくさそうに笑ってから答えてくれた。

「相田みつをは、よくコーヒーを飲んでいました。それも、出来すぎた話のようなのですが、ネスカフェのコーヒーです。瓶の中に粉が入っているタイプのあれが、私の幼少の頃からのコーヒーの味でした。益子焼の容器にいれて、楽しんでいました」

相田親子とネスカフェは不思議な縁で結ばれているようだ。

AIだみつをカフェにはトマトがいっぱい

AIだみつをカフェでは、コーヒーの提供だけでなく、フードメニューも充実。実は相田みつを氏がトマト好きであり、詩の中でもトマトをモチーフに使ったものは多い。

会場の天井近くに、ぶら下げられている相田みつを氏の詩の中にも、たしかにトマトをモチーフにした詩が展示。そんな相田みつを氏のトマト好きにちなんで、4品のトマトのメニューが用意された。

キッチンでも一番人気の声が上がる「トマトだもの ~シソベーゼ~」セットは、1000円(税込)。バジルの代わりにシソを使ったジェノベーゼ風パスタで、夏の暑さにぴったりのサッパリとした味わいがたまらない一皿。

「トマトだもの ~とまカニサラダ~」セットは、740円(税込)。コンソメで煮詰めたトマトの中には、特性カニサラダが詰め込まれている。オリジナルの味噌トマトソースで食べる、ちょっと変わった味わいが楽しい一皿。

だが驚き度では、やはりこちらがナンバーワンだろう。「トマトだもの ~海鮮あさりご飯~」セットは、1000円(税込)。あさりのだし汁ご飯にしらすやとびこを乗せており、白だしをお好みで注ぎ込んでいただく。ガッツリな一品だ。

デザートも用意されている。「トマトだもの ~丸っと!トマトティラミス~」セットは、900円(税込)だ。はちみつレモンにつけたトマトコンポートの中には、マスカルポーネチーズがたっぷり入っているというティラミス風スイーツ。オレンジとの相性が絶妙だという。

AIだみつにあってみたい。トマトグルメを楽しんでみたい。そんな人は、ネスカフェ原宿(東京都渋谷区神宮前1-22-8)を訪れてはいかが。7月21日までの期間限定なので、日にちには気をつけよう。