EXILE ÜSA氏がパフォーマンスアンバサダーに就任!ダンスで心肺蘇生のリズムや手順を学ぶ「#BPM100 DANCE PROJECT」発足記者発表会

「#BPM100 DANCE PROJECT」発足記者発表会が、7月1日東京・大門の日本赤十字社で行われた。パフォーマンスアンバサダーを務めるEXILE ÜSA氏が登壇し、ダンスを通じ、心肺蘇生の普及をめざす同プロジェクトの意気込みをアピールした。

水難事故など心拍停止の患者が増加する夏に向け発足された「#BPM100 DANCE PROJECT」は、ダンスのアクションとリズムを通じて、心肺蘇生のやり方を広め、認知度100%を目指すプロジェクトだ。

近年、救急出動件数が過去最高を更新する中、救命率の低下を防ぐ対策の一つが心肺蘇生だが、10代に関しては、心肺蘇生の認知自体かなり低い。
そんな中、日本赤十字社、TikTok、TBWA HAKUHODOの三社が協力し、若者にとって取り組みやすいダンスに着目し、ダンスをしながら心肺蘇生のリズムや手順を気軽に学ぶことができる「#BPM100 DANCE」を制作。若い世代を中心に多くの人へ普及を目指すため、ÜSA氏がパフォーマンスアンバサダーに就任。ダンス動画をTikTokなどを中心としたSNSで普及させる取り組みをはじめ、様々な企業や団体と連携して、心肺蘇生の普及活動を行なっていく。


「#BPM100 DANCE」の振付監修はÜSA氏が担当した。心肺蘇生における胸骨圧迫の適切なスピードは1分間100~120回と言われており、当プロジェクトでは、リズムの楽曲に合わせて、心肺蘇生をもとにした振り付けを開発した。
(※BPM(ビートパーミニッツ)は、1分間のビート数を表す音楽用語)

ÜSA氏は「ダンスのリズムだけで人の命が助かるわけではないですが、少しでもダンスを通じて多くの人に心肺蘇生の方法を知ってもらうきっかけになってもらえたら」と、最初の挨拶で述べた。


左から、日本ライフセービング協会入谷氏、日本赤十字社軽部氏、河合氏、ÜSA氏

ÜSA氏は、日本赤十字社の方に心肺蘇生を実演してもらい、体験し「思ったより力がいることがわかった」と、感想を述べた。
「スピード感を大切に、できるだけポイントを踏まえて作った」と言うダンス動画について、「子供達はストリートダンスが身近でダンスに壁がないので、すんなり楽しんでやってもらえるんじゃないかと思う」「ダンスが苦手な大人達の多くは”リズム感がないから”と言いますが、僕の中でリズム感のない人はいないと思っています。胸に手を当ててみると、私たちには体中にビートが流れ、ビートを刻んでいます。絶対にみんなリズム感はあると思います」と呼びかけた。又、「BPMは1分間に刻むリズムが100~120回なので、音楽とかリズムで覚えておくと、いざという時に音楽が頭の中に流れて手当てに反映できるのではないかな?」など、的確なアドバイスでわかりやすく説明した。

最後にÜSA氏は、「心肺蘇生の正しい方法を学んでもらい、家族や友達とやりあって広めてほしい。そして、ダンスを通じて多くの人に正しい心肺蘇生を知ってもらい、一人でも多くの方が助かればうれしい」と、意気込みをアピールした。


TikTokインフルエンサー5名が登場し「#BPM100 DANCE」を披露。このダンス動画はその日(7月1日)にTikTokで配信された。

#BPM100 DANCE PROJECT