「ゲンキリン プロジェクト」が本格稼働!サッカー日本代表、吉田麻也選手、武藤嘉紀選手、森重真人選手によるトークショーも

6月10日、中野区立桃園第二小学校にて、「ゲンキリン プロジェクト」の本格始動を伝える記者発表会が開催。

プロジェクト参加の児童たちに向けて、順天堂大学医学部准教授の島田和典氏による「水分補給の大切さ」や、サッカー日本代表、吉田麻也選手、武藤嘉紀選手、森重真人選手による「児童らの素朴な質問に答えるトークショー」もあり、大いに盛り上がった。

「ゲンキリンプロジェクト」とは

「ゲンキリン プロジェクト」とは、キリンビバレッジ株式会社が子供たちの心と体の成長を支援する。以前より、同社は全国各地でサッカー教室や野球教室を子どもたち向けに展開してきた。それらの活動に、ダンス教室などを加え、リニューアルして今年3月に発足したプロジェクトだ。

このプロジェクトを通じ、清涼飲料水を提供する会社として、水分補給と免疫力向上の重要性を伝えるため、日本各地で、サッカー、野球、ダンスなどのスポーツ教室を実施する。開催予定地は、北海道、宮城県、群馬県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県などで96回は実施する予定だ。

スポーツ教室では、プロとして実績のあるアスリートたちと触れ合う機会を提供することを目指す。サッカーは、吉田麻也選手、武藤嘉紀選手、森重真人選手。野球は、宮本和知氏や鈴木尚広氏、デーブ大久保氏。ダンスはE-girlsらが参加するという。

スポーツの他にも、吉本興業とのコラボもある。お笑い芸人が楽しく運動をする姿をデジタル動画配信することで、楽しい運動習慣を促していく。

島田和典教授による「水分補給の大切さ」講座

島田教授が、人体にとっての水分の役割について語る。
「子供の体の70%は水分。大人でも、60%がそうです。そして体内を流れる血液の90%も水分です」児童に向けた講義ゆえに、言葉遣いはとても丁寧でわかりやすい。

「体内を流れる血液の90%も水分です。だから、身体から水分がなくなると、人体のパフォーマンスは落ちてしまいます。」もし熱中症になれば、命にも関わると説明。

運動性能を持続させることや、生存するためにも、水分は必要なのだ。人体にとっての水分の重要性の理解を深めると、次は効率的な水分補給を解説である。島田教授の講義は続く。

「運動前は、とにかく水分を補給すればいい。水はもちろん、お茶でも構いません。しっかりと補給することが大事です。そして、運動中は水分と一緒に塩分も消耗するので、それらが一緒に補給できるものがよいでしょう。運動の後は、ミネラル補給ができるものが好ましいです」

ただ水分補給をするだけではない。消費した塩分やミネラルの補給できるスポーツドリンクなどを、然るべきタイミングで飲むことが大事なのだろう。

吉田麻也選手、武藤嘉紀選手、森重真人選手によるトークショー


サッカー日本代表によるトークショーのコーナーもあった。事前に児童から集められた質問に、3人が答えていく形式だ。児童にとって、もっともテンションが上がる時間である。

まずは、ヘディングの上達のコツを聞かれる武藤選手。

「ひたすらヘディングだけでリフティングをしてみよう。ボールの落ちてくる場所がわかれば、ヘディングはうまくできる」

ご自身の経験からの賜物として、的確なアドバイスである。次の質問は森重選手向けだった。「首位のチームで頑張る気持ちはどんなもの」との質問が飛ぶ。

「いつでもひっくり返る可能性がある。毎試合チャレンジャーの気持ちで挑んでいる」

おごらないことが堅実な勝利を掴むために必要なのか。そして、吉田選手への質問の時間だ。「サッカーとはなんですか」という哲学的な問いかけ。

「僕の人生のベースになってます」

難しい質問だったが、なるほどと頷きたくなる答えがポンポンと出る。流石である。質問は個別質問から全体への質問に変わる。


「体調管理はどうしているの」との質問。今回のイベントに絡んだ良い質問だ。まずは吉田選手が答える。

「水分は毎日3リットル飲むようにしています。体調はなるべく良い状態をキープするよう気をつけていますね。それでも病気をしてしまうことがあるので難しいです」

プロであっても体調不良になることはあるようだ。次は武藤選手の番だ。

「水分は定期的に補給しています。あと、食べ物は気をつけていますね。野菜はあまり食べなかったんですが、今はもりもり食べます。色んなものを食べるようにしていますね」

これは子供たちの親にとってポイントが高そうな良解答だ。最後は、森重選手のターンである。

「試合前日はたくさん飲んで水分を蓄えるようにしています。あとは寝ることです。毎日8時間以上は寝ています」

良い子の見本のようだ。やはり、プロのアスリートは健康優良児の模範生的な部分があるように思う。様々な質問がされ、最後は「サッカー選手として大変なことは」と鋭い質問が飛んだ。


まず答えたのは森重選手。

「体調管理は本当に日々大変です。でもいい状態を保つこともプロには求められます。整えることもプロにとっては仕事のうちですね」

コンディションの管理も本気で取り組めば、いろんな制約が出てくるものなのだろう。次は、武藤選手が口を開く。

「自ら苦痛を味わう必要があります。練習でも辛いことをします。でも、それを楽しみながら乗り越えることが求められます。プロならではの厳しさですね」

プロのアスリートという職業の難しさを感じる答えが並ぶ。そして、吉田選手が動く。

「サッカーでつらいことなんてあろうはずがありません」

今までの二人の選手の回答をちゃぶ台返しして、笑いを誘う。吉田選手はさらに言葉を続ける。

「強いて言えば、常に人に見られるようになることです。先日も、銀座に武藤選手と食事をしにいったのですが、皆さんに注目されてしまいます。プライベートがないのは、ちょっと大変ですね」

大変さにも色んな種類があるようだ。だが、こうしてプロのサッカー選手と触れ合うことで、自分もアスリートを目指そうとする子供たちが出てくるかもしれない。未来のサッカー選手にとって、現役で活躍する彼らはどのように写ったのだろうか。

将来、サッカー日本代表になった誰かが、ゲンキリン プロジェクトのサッカー教室での思い出を語る日が来るかもしれない。そう考えると、歴史が動いた瞬間だったのではないだろうか。