洗濯の負担を減らし、家事をラクに!  パナソニックから新発売の縦型洗濯乾燥機の実力とは?

パナソニックから、「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能を新たに搭載した縦型洗濯乾燥機 NA-FW100K7他 3機種が、6月25日に発売される。それに先駆け、先日メディア向けにセミナーが実施された。その模様をレポートする。

「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能」で計量・投入の手間を削減!

同社は、共働きの増加による家事の時短や作業の簡素化へのニーズの高まりを受け、2017年に「ななめドラム洗濯乾燥機」に「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能」を業界で初搭載。同社の調査によれば、購入者の約85%が自動投入機能に対し購入時に魅力を感じ、使用後のアンケートでは約83%が満足したと回答。自動投入機能が付いたことで、「洗濯を放っておけるようになった」「家事の分担を家族に頼みやすくなった」など、購入者からも高く評価されているのだ。

とはいえ、「ななめドラム式」の洗濯乾燥機を置くためにはそれなりのスぺ―スが必要で、多くの家庭では縦型洗濯機の方が需要があるのが現実だ。そういった調査を踏まえて、今回の新製品にはこの便利な「自動投入機能」を、洗濯容量10キロ、9キロ、8キロの3機種の「縦型洗濯乾燥機」に搭載。「ななめドラム式」の洗濯乾燥機を置くスペースのない人たちも、「時短」の恩恵にあずかれるようになるというわけだ。


そもそも「液体洗剤・柔軟剤の自動投入機能」とは、液体洗剤や柔軟剤を自動投入用タンクに入れておけば、洗濯のたびに適量を自動で計量して投入してくれる機能のこと。「ピストンポンプ式」と呼ばれる方式を採用しており、なんと洗剤の銘柄や温度環境などによる粘度の違いにも対応する、という高性能ぶり。計量や投入の手間が省けるため、誰でも簡単に洗濯ができるほか、「洗剤・柔軟剤」の入れ過ぎや不足を防いでくれるというメリットまであるのだ。


また、タンクに目盛り付きの窓があるため、洗剤・柔軟剤の残量を一目で確認できるのもありがたい。補充の際は上部に別途設けられた投入口から、詰め替え用パウチ入り濃縮液体洗剤や柔軟剤洗剤をそのまま流し込むだけでOK。もちろん洗剤や柔軟剤の種類を替えたいきには、簡単に外せるようになっているので、そのまま水道で洗うこともできる。エコな上にボトル不要で、サニタリースペースがすっきりする。

「泡洗浄」としっかり衣類をかくはんさせる「パワフル立体水流」で、高い洗浄力を実現

もちろん以前から搭載されている、泡立てた洗剤液を衣類に浸透させて洗うパナソニック独自の「泡洗浄」はそのまま。給水と同時に水が洗剤ケースの中に流れ込み、水圧で洗剤を約3秒で泡水にしてくれる。泡の表面には、汚れ落としパワーの源である「界面活性剤」が密集しているため、泡を繊維の奥まで浸透させることで汚れを包み、しつこい汚れも浮かせてしっかり洗い落とすことができるのだ。


また、縦型洗濯機購入意向者の約73%が重視しているとされる「洗浄力」をさらに強化するため、新製品には大型の3枚羽が付いた新しい「パルセーター」を採用。羽の断面積の大きさをアップさせることで「パワフル立体水流」を生み出し、衣類全体をしっかりと撹拌。上下内外に衣類を動かしながら、ムラを抑えて洗濯できるように進化しているのだ。

実際に従来型の洗濯機と新製品を2台横に並べて、色のついた布を回っている洗濯機に落として違いを比較してみたところ、撹拌力の差は一目瞭然。布がグルグルと上下に行ったり来たりしている様子が確認できた。

▲従来品(左)と新製品(右)で比較

「パワフル滝すすぎコース」も搭載されており、子供服や寝具などもしっかりすすげるから、敏感肌の人でも安心だ。洗濯時間の目安としては、容量が0.6キロ以内かつ、軽い汚れの化繊衣類なら、洗濯から乾燥まで約60分で終了するという。

フレームレスのガラストップのふたで、インテリアに調和するすっきりとしたデザイン

さらに、洗濯乾燥機の「ふた部分」には、凹凸を抑えた「フレームレス ガラストップ」を採用。サニタリー空間にマッチする、シャンパン、ブラウン、ホワイトという落ち着いた色合いと、すっきりとしたデザインも本製品の大きな特長だ。

傷がつきにくく、フラットなのでお手入れも簡単。ふたには、軽い力で開けられ、ゆっくりと自然に閉まる「ダンパー機構」が採用されており、まさに使い勝手の良さと、デザイン性の高さが両立する「洗濯乾燥機」の進化系ともいえる理想的なアイテムに仕上がっている。

なお、セミナー後半では、「知って得する!汚れ落ちがUPするお洗濯のコツ」と題し、ライオン株式会社 お洗濯マイスター/消費生活アドバイザーの大貫和泉氏によるミニ講座も行われた。

大貫氏によれば、汚れをしっかり落とすコツは「洗剤量・柔軟剤量は適量を使用する」「詰め込み洗いはしない」「洗濯ネットを上手に使う」の3点。「洗剤量が大すぎるとかえって汚れが落ちにくくなること」や、「洗濯槽は満タンにせず、6~7割程度で使用するのが一番効率が良いこと」。さらに「衣類のサイズにあった洗濯ネットを1枚ずつ使用して、衣類はたたんでネットに入れた方が、洗濯後のシワも軽減されること」など、新製品を活用する際にも役立つ情報が、ふんだんに盛り込まれていた。

オープン価格だが、想定される価格としては、「NA-FW80K7」(8キロタイプ)が21万円前後、NA-FW90K7(9キロタイプ)が、22万円前後、「NA-FW100K7」(10キロタイプ)が23万円前後となる。