【デジタル文具活用術】新生活に向けて知っておくべき仕事効率化

日々の仕事の中で「これ、時間のムダじゃない?!」と思う作業や業務はありませんか?

たとえば、手書きの議事録をWordなどでまとめ直したり、どこかにあるはずのメモを探したり、資料に書き込んだ図表をスキャンしたり……こうした作業を効率化してくれるデジタル文具があります。その名も「Bamboo Slate」。

紙に書いたメモの内容をスマートフォンやタブレットから専用のアプリで閲覧・編集できるデジタル文具です。

紙に書いたメモやアイデアを、ボタンを押すだけでスマートフォンやタブレットに保存できるスマートパッド、Bamboo Slate。そして保存したメモやアイデアをWacom Inkspaceアプリで編集したり、エクスポートしたファイルを共有したりできます。そしてクラウドサービスの Inkspace を使用すれば、クラウドでの同期を通して、場所や時間を問わずメモにアクセスすることができます。
(引用:https://www.wacom.com/ja-jp/products/smartpads/bamboo-slate)

使い方はいたってシンプル。紙に書いてボタンに押すだけなので、機械音痴という方にもおすすめです。
詳しくは動画を参考にすると分かりやすいので、一度チェックしてみてください。

■ワコム | Bambooスマートパッド:仕事効率化 再入力いらず、メモはデジタル化しよう編

■ワコム | Bambooスマートパッド:仕事効率化 メモもすぐに見つかる編

会議や打ち合わせといったビジネスシーンだけでなく、旅行の計画や買い出しメモなど、日常生活の中でも活躍が期待できます。

暦の上では春を迎えた2019年。4月から新生活が始まる人も多いのではないでしょうか。効率化ツールを採り入れて、平成最後の春を新しい気持ちで初めてみませんか?