無料で新米を食べ比べ!表参道「OKOME STORY MUSEUM」オープン

10月5日、パナソニックが「OKOME STORY MUSEUM」を期間限定でオープンしました(表参道「スパイラルガーデン」)。米離れが進む中、もっとお米に親しんでもらい自分好みのお米を見つけてほしいというイベント。会場では、お米に関する情報が展示されているほか、個性豊かな日本各地の銘柄米を食べ比べることが出来ます。

入り口には、大きな「OKOME MAPPING」があり、味や食感などを基準にチャートで分かりやすく表示され、自分好みのお米を見つける手掛かりになっています。

また、その先にはお米にまつわる豆知識や生産までの物語、全国の有名料亭が監修した47都道府県の各銘柄に合う器やごはんのお供、汁物を見て楽しむことができます。こうして、普段よりお米に対する意識が変わったところで、いざ実食!無料で食べ比べへ。

食べ比べできる銘柄は、北海道「ゆめぴりか」、秋田県「あきたこまち」、岩手県「金色の風」、宮城県「だて正夢」、新潟県「新之助」、福井県「いちほまれ」、6銘柄のうちの3種類(日によって異なる)。
お米はパナソニック「Wおどり炊き」で炊き立てを提供。実は、美味しく食べるには、水や火加減を各銘柄によって調整しなければいけないところ、「Wおどり炊き」は合計50銘柄の特徴に合わせたプログラムで炊くことができるといいます。
見た目は同じような白米ですが、食べ比べてみると味も違えば、モチモチとした“食感”、“香り”や“ツヤ”も違うため、家族や友人たちと訪れて“品評会”をしてみるのも面白いかもしれません。


5日に行われた内覧会では元神奈川新聞の記者で、お米ライターの柏木智帆さんが登壇。「静岡のお米やさんが『どれが一番美味しいか』とよく聞かれるが、どの画家が一番絵が上手いかと聞くのと一緒だと言っていた。お米の好みは自分が好きかどうか。有名無名にかかわらず、少しずつ色んな品種を買ってみるのもいいのではないか。自分好みのお米を見つけてほしい」と呼び掛けていました。
「OKOME STORY MUSEUM」で新たなお米との出会いを楽しんでみては。開催は14日まで。大阪、名古屋と順次開催予定。

◇東京
期間:2018年10月5日(金)〜10月14日(日)
時間:11〜20時(試食提供時間:11〜19時。整理券がなくなり次第終了)
会場:スパイラルガーデン
◇大阪
期間:2018年10月18日(木)~10月28日(日)
時間:10~20時(試食提供時間:平日…13~17時 土日…11~18時)
会場:パナソニックセンター大阪

◇名古屋
期間:2018年10月27日(土)~10月28日(日)
時間:10~17時
会場:久屋大通公園