子育てママを応援!最新ホームベーカリー&コーヒーメーカーで、お家ライフが快適に

妊娠・出産を機に”食”への感心が高まる女性も多いのではないでしょうか?とはいえ、一体どう取り組んだら良いのか悩ましいところ。子育てにおける食事の大切さをプロに伺うと共に、気軽に始められる食育方法を探ってきました。更に子育てライフの強い味方である、Panasonic最新ホームベーカリーとコーヒーメーカーの、進化した魅力にも迫ります。

プロに聞く!子育てにおける、食育の大切さ

今回、管理栄養士・料理家の中津川かおりさんに、食育についてお話を伺いました。5歳の娘さんを育てるママでもある中津川さん曰く、”乳幼児期は味覚を育てる大事な時期”なのだそう。人は生まれながらにして、甘味・塩味・旨味・酸味・苦味の五味を区別する能力が備わっていると言います。味覚は10歳前後まで発達し、青年期にかけて安定。それまでに様々な味を経験させ、いかに味覚の発達を促すかが鍵と言えるでしょう。塩分を控えた薄味で、添加物などを含まない、安心安全な手作り料理を心がけたいところです。

離乳食・幼児食に、”手作りパン”という選択

”パン”は種類が豊富で味も食感もそれぞれ異なり、子供たちからも人気の主食。離乳食ではパン粥として活躍するなど、食事のバリエーションを広げてくれる存在でもあります。しかし市販の商品には保存料・着色料・甘味料などの食品添加物が含まれ、買うのを躊躇してしまうママも多いのではないでしょうか?そこでおすすめなのが”手作りパン”。自ら材料を選べる安心さ、アレルギー物質を取り除きカスタマイズできる点など、その魅力は多岐にわたります。


又、時間と体力に余裕のある時は、子供と一緒にパンを作るというのもおすすめ。生地をこねる手触り、ふっくらとした見た目、焼き立ての香ばしい匂い、カリカリの食感、優しい味・・・子供の五感を刺激する”食参加体験”は、親子にとって大切な時間となることでしょう。

ココまで進化!Panasonic 最新ホームベーカリー

しかし手間のかかるパン作りは、忙しいママにとってハードルが高いのも事実。そんな時活用したいのがホームベーカリーです。パンができるまでのプロセス「ねり・発酵・焼成」を全自動で完結してしまう優れもの。

2018年10月1日にPanasonicから新発売される「SD-MDX101」もその一つ。その最大の特徴は、「パン・ド・ミ」が作れる点。薄くパリッとした皮が小麦本来の風味を引き立たせる、プレミアムな食パンです。7年前の2011年に発売された同社前モデルから、味と食感が更に進化。甘味・口溶け・リッチな味わいが堪能できる新しい「パン・ド・ミ」は、プロ顔負けの美味しさです。その秘密はマシーンの性能に有り。インバーターモーター搭載により、パン職人の”ねり技”を再現。又、季節や室温を検知するプログラムや、イーストをベストなタイミングで投入する自動機能によって、安定した焼き上がりが可能に。初心者でも失敗しづらく、簡単に美味しいパンが作れるとのこと。


更に、作れるのはパンだけではありません。”うどん”や”パスタ”、”スイーツ”など・・・40種類のメニューがボタン一つでOKというから驚き。飲む点滴と話題の”甘酒”も、この度新メニューに加わりました。

”おいしいデカフェ”を実現。カフェインレスコーヒーで癒しの時間を

また、子育て中の頑張るママにおすすめの家電は、全自動の「沸騰洗浄コーヒーメーカー」。近年トレンドであるカフェインレスコーヒーは、寝る前だけでなく、妊娠期・授乳期にも最適です。しかし肝心なのはそのお味。”薄い”、”コクがない”などおいしくない印象があるのではないでしょうか?

そんなイメージを払拭するべくPanasonicの新製品「NC-A57」が新搭載したのが「デカフェ豆コース」。キリッとした苦味、香り高く濃厚な味わいはとてもデカフェとは思わぬ出来。豆の”挽き方”と”抽出方法”の組み合わせで、4通りの味が楽しめます。

ホームベーカリーで賢く手抜き。健康的なギルトフリー料理を食卓に

大切な我が子に食べさせる料理は、安心安全なものにしたい。しかし忙しいママにとって、何から何まで手作りで完璧にこなすのは至難の業。まじめで頑張り屋の人程ストレスに感じてしまいがちです。そんな時は最新家電を上手に使って、無理なく健康的な子育てライフを送りましょう。子供にとって、”笑顔のママ”と過ごす時間は食事と同じくらい大切なのですから。