真ん中野菜室が便利!巣ごもりにも安心な大容量冷蔵庫登場 

食材の買い出しは外出を制限し、まとめて買うことが定番になったのではないでしょうか。以前より、冷蔵庫には収納力や使い勝手を期待したいところです。そこで、パナソニックより発売中の大容量冷蔵「MEX」シリーズがおすすめ!新機能を中心にご紹介します。

■真ん中に野菜室

キャベツなど重い食材を入れることが多い野菜室を真ん中に配置。腰をかがまなくても出し入れしやすくなりました。容量もコンプレッサーの配置を変えたことにより増えています。
また、鮮度を保つ機能も強化。加湿して湿度を適切に保つ「モイスチャープラスフィルター」と野菜の老化を進めるエチレンガスを分解して抑制する「パラジウム保鮮フィルター」の2種類を搭載。まとめ買いしても約1週間はお野菜シャキシャキ、新鮮に保存できるんです。

切替室で用途ごとに使い分け!パーシャル/はやうま冷凍



パナソニックHPより

「パーシャル」と「冷凍」で温度帯を切り替えられ、生活スタイルに合わせた保存方法を選べる切替室。「パーシャル」は肉や魚が凍り始めるギリギリの-3℃ですばやく微凍結し、食品の鮮度は長持ち、料理の際は解凍いらずで手間を省きます。「冷凍」は業務用レベルの急速冷凍が出来るので、解凍・加熱後の美味しさがアップ。冷凍設定時は、はやうま冷却も使えるので、下味つけやお弁当のあら熱取りの時間を短縮するなど、食材を新鮮に保存しつつ、調理をアシストする技術が進化しています。

かゆいところに手が届く収納&除菌


チルドルームの横に、スッキリ収まるアレンジストッカーが登場。100円均一などでサイズが合う収納ケースを探すのもなかなか手間がかかるもの。アレンジストッカーがあれば、ジャストサイズはもちろん、好みに合わせて収納をアレンジし、ドアポケットや冷蔵室にあふれる小物類を使いやすく整理整頓出来ます。

また、衛生面も「ナノイーX」を搭載しているので、菌の繁殖や庫内のニオイを抑制し清潔に保つほか、自動で節電してくれる「エコナビ」機能など嬉しい機能も充実。「MEX」シリーズは513L /483Lの2サイズでカラーは2色展開
。市場想定価格は、513Lが35万円前後、483Lが34万円前後(税抜き)。

まとめ買いが増えたこのご時世、思い切って冷蔵庫の容量を増やすことも念頭に考えてみてはいかがでしょうか。