初の国内最大級小学生向けプログラミングコンテスト開催!総合優勝者は“動物の押し相撲”スマホゲームを開発した小5

9月24日、初の国内最大級の小学生プログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix(テックキッズグランプリ)」が渋谷ヒカリエで開催された。

主催は大手小学生向けプログラミングスクールCA Tech Kids(シーエーテックキッズ)。全ての小学生を対象に募集し、国内外から1019件がエントリー。
決勝戦は2次審査まで通った最年少は8歳から12歳までの12人が「ゲーム部門」と「自由制作部門」に分かれ登壇した。


審査基準は、技術だけでなく開発した意義やプレゼンテーションの仕方まで審査対象となることから、大人顔負けの熱いプレゼンテーションが繰り広げられた。


この日、総合優勝したのはゲーム部門でも優勝した小学5年生の宮城采生さん(10)。
デザイン・プログラミング・BGMなど全てオリジナルで開発したスマホゲームで、動物ブロックの重さ、スピードなどを考えながら敵陣にゴールさせる押し相撲型ゲームを発表。初代グランプリに輝いた。
スピーチでは「こんな場所で優勝できてうれしい。」と照れ、あどけない姿も見せた。将来はゲームクリエーターになりたいという。


この大会は、株式会社サイバーエージェント、株式会社ミクシィなどIT企業10社を含む13団体が賛同、渋谷区と渋谷区教育委員会の後援のもと開催され、入賞者には総額100万円におよぶ賞金が贈呈された。

各部門の受賞者は以下の通り。
「ゲーム部門」
1位 宮城 采生さん(10)
作品「オシマル」・・・動物ブロックの押し相撲型スマホゲーム 

2位 羽柴 陽飛さん(12)
作品「Point vs. Line」・・・線と点というシンプルなデザインのゲーム

3位 長谷部 環さん(9)
作品「宇宙突戦争」・・・宇宙が舞台のシューティングゲーム
「自由制作部門」
1位 菅野 晄さん(11)
作品「写刺繍」・・・画像から好きな刺繍の図案を作成するアプリ

2位 澁谷 知希さん(10)
作品「今日の洋服何着てく?」・・・APIとUnityを駆使し天候に合わせた服装を提案するアプリ

3位 吉田 拓隼さん(10)
作品「たべガチャ」・・・冷蔵庫にある食材で作れる料理を提案するアプリ 

「ミクシィ賞」
羽柴 陽飛さん(12) 作品「Point vs. Line」

「サイバーエージェント賞」
柴田 謙さん(11)
作品「うんちく」・・・英語がわからなくても簡単に日本語で書けるプログラミング言語を開発
「Cygames賞」

長谷部 環さん(9)
作品「宇宙突戦争」

「東急電鉄賞」
大嶺 結葉さん(12)
作品「Veg-菜」・・・3か国語に対応したベジタリアンのためのアプリ

「GooglePlay賞」
齋藤 之理さん(8)
作品「素数の世界」・・・素数をゲーム感覚で覚える学習ゲーム

「オーディエンス賞」
菅野 晄さん(11) 
作品「写刺繍」

「総合優勝」
宮城 采生さん(10) 
作品「オシマル」