10月30日「TKGの日」に、究極の卵かけご飯マシンをご紹介!

毎年10月30日にやってくる記念日、それが「卵かけご飯の日」。
第1回日本たまごかけごはんシンポジウムが開催された2005年10月30日に制定されたのだ。
制定したのは島根県の「日本たまごかけごはん楽会」。
たまごかけご飯を愛する人々が集まって、おいしい食べ方や、たまごかけご飯に合う卵・お米の種類などを日々研究しているという。

今や国民食となった卵かけご飯。
頭文字をとったTKGの相性でも親しまれ、海外でも好まれる存在になる程の人気食に登りつめた。

今回は、そんな卵かけご飯にうってつけの商品を紹介。

最高の卵かけご飯を食べるために開発された究極マシン。
その名も「究極のTKG」だ。

「究極のTKG」は、ワンタッチでTKGが作れるとうたう調理マシン。

ご飯の上に生卵をかけるだけという手軽さが売りのTKG。これを機械で作るのは本末転倒な気もするが、そこはさすがの専用機。ボタン操作で卵を割るだけでなく、白身を黄身から分離させ、白身だけを高速撹拌する機能を備えている。

この高速撹拌により、白身がホイップクリームのようにふわふわした食感に。
ご飯にかけて”究極のTKG”が楽しめるというのだ。

詳細は動画をチェック。

開発:タカラトミーアーツ
価格:税別3500円。

出典:タカラトミーアーツ
文/構成 「News Pocket編集部」