『秘密結社 鷹の爪』最新映画はアメリカの人気映画と超豪華コラボ!さらに声優には山田孝之さん!

アメリカのDCコミックスといえば映画「バットマン」や「ワンダーウーマン」などハリウッド映画の原作にもなっている人気漫画。そのDCコミックスの「ジャスティス・リーグ」が、きょうから公開される日本の人気アニメ「秘密結社 鷹の爪」の最新映画「DCスーパーヒーローズ VS 鷹の爪」でまさかのコラボ!

低予算映画の代名詞(?)となっている「鷹の爪」と豪華予算かつCGバリバリの「ジャスティス・リーグ」が合体したらどうなってしまうのか!? 実は今回のストーリーはそこに落とし穴が…。派手な動きをするジャスティスリーグの面々に制作予算が追いつかず、お金持ちのバットマンもジャスティス・リーグを脱退してしまったため、映画はまさかの予算切れの危機に落ち入るという“東京を救うのが先”か“映画の存続が先か”とハチャメチャな展開。

さらに声優陣にはバットマンの声を山田孝之さん、ハーレイ・クインを知英さん、ジョーカーは安田顕さんが担当するという“低予算映画”といいつつも超、超、超豪華な顔ぶれがそろっているので、子供だけではなく大人も楽しめる映画に仕上がっている。

めちゃくちゃカッコいい予告編を見たらもう映画館に行きたくなってしまうこと間違いなし!なので、まずはこちらのムービーを要チェック!

【文/構成 News Pocket編集部】