十束おとはさん・竹内佳菜子さんも絶賛!ゲーミングPC「One GX1」の性能は…

ONE-NETBOOKの代理店を務める株式会社テックワンは30日、都内でゲーミングUMPC「OneGx1」の製品発表会を開催しました。


OneGx1は、画面サイズが7インチで重さが620gと、ゲーミングPCとして稀にみるコンパクトさと軽さを実現しており、気軽にかばんに入れて持ち運ぶこともできます。
最大の特徴は、ボディーの左右に装着可能なコントローラーが、Nintendo Switchのように分離して使える点。
これにより、超小型PCとしてのコンパクトさを損なわず、ゲーミングノートPCとしても利用できます。

コンパクトなだけでなく、実際の性能や使い心地はというと…
先ずはゲストプレゼンターで登壇した「元王様のブランチ」リポーターの竹内佳菜子さんは「お仕事で使う台本や膨大な資料をこのコンパクトなPC確認できて便利」と絶賛。さらに折りたたんでタブレットとして使用できることやペンツールを使って書き込みができることにも触れ、機能の充実性を実感。

次にダンス&ボーカルグループ「フィロソフィーのダンス」の十束おとは(年齢非公表)が登壇。
自らを「自作PCが趣味」というガジェット大好きアイドルの彼女は事前に「League Of Legend」をプレイ。「このサイズの画面がとても新鮮で、まるで違うゲームをやっているようだった。私が普段使っているPCと変わらないくらいハイスペックでいつものゲームがプレイできてゲーマーとしてはとってもありがたいです。」と、ゲーミングPCとしてのスペックも高く評価。
その後、テックワンの代表取締役である中林秀仁氏と格闘ゲームの名作「ファイナルファイト」をOneGX1で一緒にプレイするデモも行われました。

Zoomでリモート参加したONE-NETBOOKのJack Wang社長は「日本は海外市場の中で最も重視している市場であり、新製品発表は常に日本が世界に先駆ける形で開催している。配色や日本語配列のキーボードなど日本のファンの方々からの投票や声を反映したものとなっている。新製品を楽しんでもらいたい」などとコメントしました。

「OneGx1」は8月中旬に発売。
One-Netbook公式サイトサイトや、全国のヨドバシカメラ、ビックカメラ、ソフマップ、Amazon.co.jpで販売予定。
すでに予約受付を開始しています。