写真や動画で一目でわかる新型求人アプリ「グーバイト」が 11月7日からスタート

写真や6秒動画で選ぶ求人アプリ「グーバイト」は2019年11月7日から、求人募集から採用までの一連の効率化を図るとともに、業界初の月額5800円のサブスクリプション広告=定額制広告を導入した。
通常の求人広告では従量課金や成果報酬型が一般的なため、求人広告を断念する飲食店や小規模事業者も多い。
そのような業界の切実な問題を解決するために、グーバイトを発表したタイムゲート代表取締役井上久美子社長は「高い広告費で求人情報をアピールしても、アルバイトの方が直ぐに辞めてしまうなどのリスクがある中で、今まで広告を出せなかった小規模な事業者の方なども気軽に参入してもらえればと思い月額5800円にしました」と話す。

タイムゲート代表取締役井上久美子社長(右)とCoffee and Date濵崎はつこ社長(左)

また掲載費を低料金に抑えるメリットだけではなく、アルバイト版インターシップと題した3時間限定お試し雇用制度を導入したことで、実際に応募してきたユーザーとのミスマッチを最小限に抑えることが可能となった。
企業側で人が足りている期間は、アプリ内の専用ボタンをタッチするだけで、翌月の広告料が一切かからない”休止モード機能”や、好きな時に何度でも公開情報を更新できる効率化機能を実装した。
他にも掲載したい情報を、たったの3分で入力・公開できたり、エントリー者の情報を元に採用に必要な履歴書などの関連書類が自動的に作成される機能も導入した。

「2019年10月から事前登録を開始し、本格的にアプリを始動した11月7日時点で、1500店舗の登録件数を達成しました。今後は、2020年2月までに1万店舗の登録件数を目標として、累計10万ダウンロードを目指しています」(井上久美子代表取締役社長)。

一方、アルバイトを探すユーザー側は、検索条件や希望項目のほか、求人掲載数などから選択する事で発生する検索疲れという新たな問題が明らかに。
大学生がバイトを選ぶ時の優先順位は、時給、勤務地、業種。主婦は、勤務地、シフトの自由度、短時間勤務の順となっている。
そこで、グーバイトは検索文字を少なくし、ユーザーの現在地情報から徒歩や自転車で12分以内(約2.5㎞)にある求人情報を地図に一目で確認できる表示をすることで、情報過多の課題を解決し、無駄な検索疲れを解消した。

また現代の若者や主婦がわかりやすいように業種、職種、時給だけを表記し、必要最低限な情報だけをアピール。インスタなどを愛用する年代に合わせて、視覚で情報を素早く入手できるようなデザインにした事で、ユーザーに慣れ親しんでもらえるような仕様に。

面接日時などは、求人担当者とトークルームリマインダー機能でやりとりする事で面談日を即決する「面談日即決機能」で迅速に対応する。

「グーバイトは、徒歩圏内にある求人情報が地図で一目で把握できる事によって、ユーザー側も無駄な検索をしないで働き先を決められることが一番の強みです。また表示される求人候補は店舗の雰囲気が感じられる写真や動画なので、インスタグラムをチェックするように直感的に自分に合いそうなバイト先を見つけることができます。是非とも自分に合った勤務地を探してみてください」(井上久美子代表取締役社長)。

タイムゲート
https://goo-b.jp/user-lp/