屋外リビングでラグジュアリーに過ごす…LIXILが富裕層向けアウトドアリビング商品を発売

3月28日、リクシルは、ベルギーで創業110年、世界80カ国以上でアウトドアリビン
グ商品を展開するレンソン社と業務提携を発表した。共同開発し富裕層に向けた新商品を秋に全国発売する。

新商品のコンセプトは“ガーデンライフを極める“。昨今、自然とつながる開放感や日常からの解放、プライベート空間などの「離れ」における魅力が改めて注目されているといい、新ブランド「GARDEN ANNEX(ガーデンアネックス)」は、「空」ともつながるように設計され屋外のリビングスペース「離れ」を贅沢な空間に演出する。


屋根は「空」とのつながりを感じられるよう自由に開閉することができ、サイドは電動ロールスクリーンで風や光を調整、ナイトシーンはLED照明で優雅に演出するという。また、日本の厳しい気候にも適応したLIXIL独自仕様のガラスパネルが用意されている。
屋根やスクリーン、照明はIOT化し、開閉をスマホなどで操作することで簡単に調整できるという。

 高価な商品であるため、販売スタイルも今までのものとは違い、ショールームで体感型プロモーションを展開予定。接客や専門施工体制も従来のものとは一線を画したものにするという。商品は販売店を限定し、ソファなどガーデンファニチャーなども揃える。価格は約300万円から1,000万円予定。

リクシルは「住宅が減っていくといわれている中、エクステリア事業はまだまだ伸びしろがある」とし、実機について今月10日から幕張メッセのイベントで行われる予定。