仮想通貨とブロックチェーン関連のサービスを提供する株式会社LONGHASH

仮想通貨「ビットコイン」をご存知だろうか。“億り人”という言葉を聞いて、試しに買ってみた人もいるのではないだろうか。ビットコインをはじめとする仮想通貨に使われている技術が「ブロックチェーン」だ。ブロックチェーンまでは聞いたことがあっても、スマートコントラクト、ハッシュ関数という言葉が出てくるとチンプンカンプンという人がほとんどだろう。
ただ、技術的なことは分からなくとも、仮想通貨、ブロックチェーンに興味があって、もっと知りたいという人は多いだろう。そんな人の強い味方になりそうな企業が株式会社LONGHASHだ。


「ニュースメディアやインキュベーションセンターをスタート!」

株式会社LONGHASHは4月20日にサービスを開始。この日に都内で開かれた記者会見では同社のクリス・ダイ社長やフィンテック分野などに幅広く投資している谷家衛会長が事業の狙いを述べた。
ロングハッシュのダイ社長はプレゼンで「ブロックチェーンがもたらす経済系の革新に期待と注目をし、ブロックチェーンの実用化を目標に運営する」とブロックチェーンの可能性について語った。
そして気になるメディア事業は、4月20日から英語版ニュースサイトをローンチしている。すでに、ウォール・ストリート・ジャーナルやニューヨーク・タイムズでスタッフライター・エディターを務めたことのある共同創業者エミリー・パーカー氏が現代ビジネスに寄稿を開始。ダイ社長によると、日本語版の記事については夏ごろを予定しているという。
谷家会長は、日本では仮想通貨やブロックチェーンについて、国が規制ではなく推進の方向に動いており、この分野ならば海外から人材を呼び込めると力強く語った。


「越智副大臣、ビットフライヤー・加納社長も期待を寄せる」

記者発表会に続いてミートアップも開催され、越智隆雄内閣府副大臣があいさつをした。他にも仮想通貨取引所「ビットフライヤー」の加納裕三社長、東京大学大学院の柳川範之教授らが講演を行った。
越智氏は「魅力的でイノベーティブなイベント」と今回の取り組みを評価。そしてブロックチェーンを分散型ネットワークとして活かすための取り組みについて、政府として法整備、環境整備を行っていると述べた。フィンテックに政府はしっかりと後押しをしているという。
ビットフライヤーの加納裕三代表取締役は、自社の仮想通貨取引所、ブロックチェーンサービスを紹介。そして「ブロックチェーンのユースケースがプラットフォーム上で今後は起こってくる。さらにインターオペラビリティというが、ブロックチェーン同士がつながっていく可能性がある。そうすると面白い世界が広がってくる。世の中が1つのプラットフォームにつながっていく可能性がある」と今後のブロックチェーン技術の発展に期待を示した。
株式会社LONGHASHのニュースメディアは、仮想通貨、ブロックチェーンに興味がある人にとって有益な情報源になりそうだ。同社は事業としてデータ分析やインキュベーションセンターの運営を行っているので、しっかりとした裏付けがあり信頼性が高い。日本語版のスタートが待ち遠しい。

文/構成/取材「News Pocket編集部」